2011年11月27日

仏事・葬儀豆知識20

円満堂では、葬儀・法要の葬祭施行を行っておりますが

 

先日、とあるお寺さんのお勤め後の法話から、あるお話を聞いたのでご紹介いたします。

 

 

「 合掌 」

 

 

 

 

1. 日本の合掌は少し違う? 

 

みなさんは葬儀や法要、御参りの時に合掌をする機会があると思います。

 

合掌の際、みなさんはどの様に手を合わせるでしょうか?

 

多くの方は、手と手のしわをしっかりと合わせて合掌をすると思います。

 

しかし、本来の合掌は少し違うようです。

 

 

 

 

どのような合掌なのかというと、ブータン国王が王妃と共に日本を訪問した様子がニュースで取り上げられましたが

 

そのニュースでは、合掌する様子が多く映っており、国王の合掌が私達と少し違い

 

小さな卵を包むように合掌をしているのです。

 

これはなぜでしょうか?

 

 

 

 

2. 合掌の意味

 

なぜ合掌の仕方が違うのでしょうか?

 

合掌とは蓮のつぼみをイメージとしているのです。

 

蓮の花は、仏教ではとても大切にされている花なのです。

 

悪環境の中でも、綺麗に花を咲かす蓮の花は仏教のいたるところに絵や道具の中で登場しているのです。

 

卵を包むように合掌することで、その蓮の花のつぼみを表しているのです。

 

また、胸の辺りで合掌をするのが正しいのです。

 

 

 

とお寺様の法話の中でお話をされていました。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

  

お寺様の法話はたくさん良い事柄を話されていますので

 

聞く機会がありましたら、よく耳を傾けてはいかがでしょうか?


2011年10月28日

仏事・葬儀豆知識19

大幅にブログの更新をあけてしまいました。

 

 あまり更新頻度は高くはありませんが、いつの間にか1年以上も

 

ブログが続いているのを感じびっくりしております。今後は、今までよりも多く更新をしていこうと思っております。

 

さて、今回ご紹介するのは「末期の水」です。

 

 

① 末期の水って、いつ・なにをするの?

 

現在の末期の水は、湯灌(ゆかん)や納棺(のうかん)の時に

 

故人に対して、遺族や親族が口元に水を含ませるか、ガーゼや布を湿らしたものを口元にあて湿らせる儀礼を指します。

 

以前は、臨終前に上記の儀礼を行うのが筋ではありましたが、さすがに水を飲むのが困難な状況の中

 

この儀礼を行うのは酷である為、現在では先に述べた湯灌や納棺の際に行うのが通例となっています。

 

  

② そもそも末期の水の由来とは?

 

末期の水の起源は仏典の中にあるお話から始まっています。

 

お釈迦様が入滅される少し前に、弟子の一人に「口が渇いたので水を飲ませて欲しい」と言われましたが

 

近くの河が濁っており、弟子は断念をしました。

 

それでも、お釈迦様は弟子に懇願をしていたところ、それを聞いていたとある鬼神が浄水をお釈迦様にさし上げたお話が始まりと言われています。

 

この末期の水は、臨終後は飲食が出来なくなる事を悔やんだり、生気を取り戻して欲しいという希望から行われるようになったと現在では考えられています。

 

 

いかがでしたでしょうか?様々な儀礼には意味や起源、願いなどが込められています。

そのほかの儀礼も取り上げていきますので、今後ともブログを取り上げて行きたいと思います。


2011年9月19日

仏事・葬儀豆知識18

暑さ寒さも彼岸まで。

 

秋彼岸にちなんでの特集第二弾です。

 

本日は、彼岸にちなみ

 

彼岸花(ひがんばな)のご紹介を致します。

 

 

「彼岸花」

 

彼岸花は多年草のひとつで、ヒガンバナ科に属している花です。

 

名前の由来は秋の彼岸頃に開花をすることから彼岸花と言われています。

 

別の説では、この花を食用として食べてしまったら彼岸へ行く(死んでしまう)事になるという説もあります。

 

彼岸花は有毒性の植物の為、誤って食べた際には吐き気や下痢などの症状が出て、最悪亡くなってしまうケースもあるほど強力な毒があります。 

 

この為、動物などから墓を荒らされる事を防ぐように墓地に植えられていた事もありました。

 

仏教の経典や万葉集にも記載がされる程、有名な花である彼岸花。

 

お彼岸の日に仏壇等に飾ってみてはどうでしょうか?


2011年9月1日

仏事・葬儀豆知識17

今月は秋の彼岸です。

そして、毎月1日と15日は小豆の日になるのをご存知だったでしょうか? 

今回は、お彼岸と小豆にちなんでの知識をご紹介いたします。 

 

 

『ぼたもち?おはぎ?』

 

皆さんは、「おはぎ・ぼたもち」をご存知だとは思います。

 

うるち米ともち米を合わせて練り、団子状(又は俵状)にした後、それを覆うようにあんこで包んだ物を言います。

 

では、何が違うのでしょうか?

 

実は、「おはぎ」も「ぼたもち」も同じ物です。

 

なぜ呼び方を変えているのか?それは、季節の花に例えているからなのです。

 

春には牡丹の花に、秋は萩の花に似ていることから

 

牡丹餅(ぼたもち)・御萩(おはぎ)と言われる所以となりました。

  

また、夏や冬にも別の呼称で呼ばれています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今月はお彼岸についてご紹介いたしますので、皆様も改めてお彼岸を見つめてみてはいかがでしょうか?


2011年8月8日

仏事・葬儀豆知識16

地域によっては、お盆を7月または8月に迎える地域もあります。

 

なぜお盆の期間が地域によって変わっているのでしょうか?

 

今回はお盆の期間の違いをご紹介いたします。

 

 

 

昔、明治より前の時代は暦(こよみ)は旧暦を使用しており

 

お盆は旧暦の7月13日~7月16日の期間を指していました。

 

その後、明治時代から暦を新暦に変わりひとつ問題が生じました。

 

当時、国民のほとんどが農民の為、新暦の7月は多くの農家にとって多忙な時期を迎える月でした。

 

その月にお盆を迎えることは大変困難で、各々の地域は新暦の8月にずらす等を行い、ゆっくりとお盆を迎えるようにしていった事が

 

理由となっているようです。

 

余談ではありますが、七夕も旧暦で迎えるのか新暦で迎えるか地域によって違いがあります。

 

皆さんの地元や実家では七夕とお盆はいつ迎えているのか、今一度確認するのはいいかもしれませんね?


2011年8月5日

仏事・葬儀豆知識15

仏壇についての第2回目は

 

仏壇の種類をご紹介いたします。

 

1. どんな種類があるのか?

 

大きく分けると3種類の仏壇に分けることが出来ます。

 

① 金仏壇(きんぶつだん)

 

② 唐木仏壇(からきぶつだん)

 

③ 家具調仏壇(かぐちょうぶつだん)または現代仏壇(げんだいぶつだん)

 

と分かれています。

では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

 

2. それぞれの特徴

 

① 金仏壇

外観は金箔や漆などが塗られており、内部は日本古来の伝統工芸を駆使し

豪華な装飾なども取り入れられている仏壇の名称です。

内部は各宗派の本山寺院の本堂を似せて作っているために各宗派によって

形状などが変わっています。

 

② 唐木仏壇

唐木と呼ばれる木材が材質となっており、材質本来の色を活かして作られた仏壇の名称です。

外観や内部は金仏壇の様に、各宗派の本山寺院に似せてはいませんが

寺院の本堂の様に作られています。

  ※ 唐木とは・・・中国(唐の時代)に日本に良く輸入されていた木材の名称。主に「黒檀・紫檀・鉄刀木(たがやさん)」等があげられる

 

 IMG_2820

※ 唐木仏壇の一例

 

 

③ 家具調仏壇

良質な木材で作られており、外観及び内部は宗教色が無く、いたってシンプルな作りの仏壇です。

特に固定概念なども無く、ガラスやLEDライト等を使用しており、主に洋室などに設けられることが多いのが特徴といえます。

また、仏壇ではありますが一部キリスト教徒の方が自宅の祭壇として設ける事もあります。

 

 

 

 IMG_2822

※ 家具調仏壇の一例

 

大きく振り分けると上記のような分類が出来ます。

皆さんのご自宅やご実家はどの分類の仏壇でしたでしょうか?

 

また、これから仏壇をご用意する方は、円満堂にご相談を頂ければ親身になってご相談にお乗りいたします。


2011年7月2日

仏事・葬儀豆知識14

仏壇

  

今回から、数回に渡り「仏壇」についてご紹介していきます。

第1回目は仏壇のルーツについてご紹介いたします。

  

1. 仏壇の起源

  

仏壇の原型が出来たのは古代インドにさかのぼります。

土を積み上げ、そこに『壇』を作り神を祀る事で、神聖な場所としたのが最初といわれています。

やがて雨や風をしのぐ為、壇の上に屋根を作ったのが寺院の原型となりました。

その後、日本へ仏教が渡り時が経ち、現在に至るようになりました。

 

2. 日本で始まった経緯

 

仏壇の最初はおよそ1300年ほど前に天武天皇により

「諸国家毎に仏舎を設け、仏像及び経巻を安置し、以て三宝を供養すべし」

 ※ 上流階級の者達は仏殿を構えて、仏像や経典を安置し三宝(仏・法・僧)を供養して仏教徒となりなさいという意味

と公家・貴族・豪族などに命じた事から始まったとされています。

 

一般家庭に普及したのは江戸時代となっています。

当時、切支丹の禁制・民衆の統制を図る為、各々の家庭がいずれかの寺社の檀家になり

半強制的に一家に1基、仏壇を設けるよう仕向けたのが始まりとされているようです。

 

現在ではおよそ一家に1基、仏壇が飾られている理由がそこにあるとされています。

 

 

※ 仏壇の歴史や起源などは諸説あり、今回はその一説をご紹介いたしました。

次回は、仏壇の分類などをご紹介いたします。


2011年6月14日

仏事・葬儀豆知識13

回忌法要を準備するためには?

 

今回は、「回忌法要を準備する為には?」をテーマに回忌法要の準備についてご紹介したいと思います。

 

1. 4W1H

回忌法要にあたり、重要な部分を決めなければなりません。

ビジネスの基本【5W1H】(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)の様に

法要には【4W1H】があります。

以下の通りにひとつずつ決めていきましょう。

 

①Whose(だれの)・・・

    どなたの回忌法要を行うのか明確にしましょう。

    

②What(なにを)・・・

     49日・一周忌・三回忌など法要の内容を間違えないように確認しましょう。

  

③When(いつ)・・・

     通常は故人の命日に行いますが、命日の日に行うのが困難な場合は前倒しで行いましょう。

     菩提寺に日程を伝え、案内や式場の手配を考慮し、半年以上前から決めるのがベストです。

  

④Where(どこで)・・・

     自宅やホテル、法要の会場を提供している施設など

    何処で行うのか、予算の面や式場の立地を見極めながら決めましょう。

  

⑤How much(どれだけ)・・・

    案内をする人数(範囲)・案内は電話か案内状にするのか(方法)・料理や引き出物、祭壇(単価)

    全体としてどのようにまとめていくか(予算)を決めることも重要になります。

 

以上のように①~⑤を行うことで、難しいと思われる回忌法要の準備もスムーズに行うことができます。

円満堂では法要も行っており、ハーモニー会員の方には会員特典もつき、ご相談にも随時対応させて頂いております。

参考にして頂ければ幸いです。


2011年5月27日

仏事・葬儀豆知識12

追善供養

 

前回は法要の意味合いをご紹介しましたが

今回は法要の中で追善供養についてご紹介致します。

 

1. 追善供養とは?

一般的に私達がよく言う供養とは、仏教内で死者・祖先に対する追善供養を良く表し

そこから派生し、仏教に関係なく死者への対する感謝や気持ちを表す為・ペットや物に対して行うという

儀式も供養と言われるようになりました。

追善供養とは何でしょうか?

 

仏教の教えの中には、転生輪廻の教えがあり、死者は亡くなってから49日までの間

七日ごとに生前の行いを振り返り裁判を七回受けた後、49日目に六道の世界へ進みます。

その後、故人が少しでも良い場所の世界へ行くように故人の命日にお願い(供養)をする事を

追善供養と言われているようです。

 ※ 浄土真宗では転生輪廻の教えが無い為、一周忌などの法要は「仏縁」を設ける場所として考えられているようです。

では、どのように供養(追善供養)をすればいいのでしょうか?

 

 

2.  供養はどうすれば?

菩提寺に月命日や祥月命日・回忌法要などの際にお勤めをして頂く事などが考えられます。

回忌法要はお寺や会場等を設け、故人と縁のある方々をお呼びして盛大に行う事で

故人の供養に繋がると言われています。

 

 

供養は、しなければいけないよりも、してあげたいという気持ちが一番大切なことです。

回忌法要を行うにあたり、月命日や祥月命日とは異なり、様々な準備が必要となります。

次回は、「回忌法要を準備するためには?」をご紹介します。


2011年5月19日

仏事・葬儀豆知識11

法要

 

法要の元々の意味合いをご存知でしょうか?

今回は、法要はどういう事なのかを改めて知って頂く為にご紹介致します。

 

1. 法要の意味

本来の法要の意味は、「お釈迦様の教えを知る事」が法要の意味です。

 

【仏法の要点・肝要を知る】

つまり、

仏法=法

要点・肝要=要

この二つが合わさり「法要」という言葉が出来たと言われているようです。

 

法要という言葉が後々に転用されていき、仏教行事一般の事を指す様になっていきました。

 

2. 現在の法要

法要は上記にも記したように、仏教行事一般を指しています。

この中には

「法事・仏事・法会の儀式祭礼」・「追善供養」・「仏壇開眼(本尊の開眼)」・「お寺の創立記念や落慶(寺社の新築や修理)」など

多くの意味合いとして【法要】と指し示しています。

 

 

法要という言葉ひとつを取っても様々な事を指している事がお分かりになったでしょうか?

私達の身近な法要はなんでしょうか?

一般的に法要と考えると故人の一周忌・三回忌と言った追善供養の事をイメージする方が多いと思われます。

 

次回は、その身近な追善供養についてご紹介致します。